ふつうの猫から生まれた4匹の子猫には、なぜか翼が生えていた。
なぜ他と違うのか?という疑問を乗り越え、巣を出て成長していく子供たちの姿に胸が熱くなる絵本です。

文庫版も出ていますが、絵が本当に美しいので、単行本のほうがおすすめです。訳は村上春樹。