猫のしぐさや鳴き声の意味を解説したハウツー本かと思って買ったところ、違いました。

まだほんの子猫のとき、母を亡くすという不幸にあって、私は生後六週間で、この世にたったひとり放り出されてしまいました。

という本編の書き出しからわかるように、これはとある猫が「人間と共生する方法」について説いた猫向けの教育書という体を取っています。

人間をたらしこみ家ごと乗っ取る方法からはじまって、うまく人間を操縦する方法が全編実に丁寧に、そして冷静に綴られていて、いちいち「あの行動はそういう魂胆だったのか!」と感心してしまいます。

特筆すべきは、「人間との愛情」について書かれた章。人間を徹底的に見下している著者(猫)ですが、そこには確かに愛が存在する、と述べています。本当にそう思ってくれていたら、と考えると、自己満足かもしれませんがなんだかうれしいですね。