作家・芸術家で「路上観察学」の第一人者でもある赤瀬川 原平氏による、ナマ猫(街の野良猫)と置き猫(猫の置物)で構成されたフォトエッセイ集。

写真の野良猫は、お世辞にも綺麗とはいえず、世界各地のお土産屋で買ってきたらしい「置き猫」たちも、特段可愛いわけではありません。しかしそれらの写真に確かに強烈な「猫らしさ」が感じられます。壁のひび割れを落雷に見立てて、手前に置いた招き猫が「魔術で霹靂を呼んだ」としてみたり、紐に繋がれた猫ばかり並べてみたりと、目の付け所も面白いです。

容量も文体も軽いので、ちょっと気分転換したいときにパラパラ見るのには最適だと思います。