空飛び猫 の自由の翼

ふつうの猫から生まれた4匹の子猫には、なぜか翼が生えていた。。
なぜ他と違うのか?という疑問を乗り越え、巣を出て成長していく子供たちの姿に胸が熱くなる絵本です。翼はそれ自体自由の象徴ですが、そこに猫の自由さが加わることで、どこか物語に軽やかさと逞しさが増したように感じるのは猫贔屓の性か。
あと、単純に猫に羽根っていうのも意外と似合うんだなあ、とビジュアル面での開眼もありましたけど。。この絵本に出会った高校生の頃、猫+別生物の落書きばかりしてました。

文庫版も出ていますが、絵がせっかくきれいなんだから絵本版を所有していたいものです。訳は村上春樹。

続きを読む 空飛び猫 の自由の翼

猫格言付き写真集-Cat Capers

今月出たばかりの猫写真集。
猫単体で大きめの写真が多く、猫の姿形をしっかり楽しめるかんじ。
猫に関する格言や猫好き作家の一文が挟まれています。
Cat Capersいたずらな猫たち: ガンディ・ヴァサン, 友久 ますみ: Amazon.co.jp: 本
Cat Capersいたずらな猫たち: ガンディ・ヴァサン, 友久 ますみ: Amazon.co.jp: 本
値段の割りに重量感もあり、買いだなーと思いましたが現金不足で買えず。。
これだから年末は!

Cats in the sun

猫写真集 というのは世の中にたくさんあるんですが、私が所有している中で今のところ一番美しいと思うのがこの本です。
Amazon.co.jp: Cats of the Greek Islands: Hans Silvester: 洋書
Amazon.co.jp: Cats of the Greek Islands: Hans Silvester: 洋書
ギリシャの青い空、白い壁の町と、そこで生きる猫達の写真集です。その色合いが美しすぎて心がわしづかみにされるのはもちろんのこと、彼らのアグレッシブな身のこなしと精悍な顔つきもたまりません。
港町の人達とごく自然に共存している様子も素敵。

われわれが持つ都市の概念はずっと昔に間違った方向にそれてしまい、人間よりもさらに飼われている動物たちに損害をもたらしている。シクレイドでは、道が歩行者やロバにあわせて作られているので、狭すぎて車は村や街の中心には入れない。このことは、猫や犬、そして人間の幸福に大きく貢献している。

とあとがきで作者も言っているように、この白く複雑に入り組んだ街は、猫達の嗜好にぴったり合致しているようです。
ちなみに私が持ってるのは日本語版なんですが、ググったらもう出版社がつぶれているようで。ペーパーバックじゃあちょっとなー。。
結婚にともなう身辺整理(?)でこれを私に譲ってくれた友人Kに心から感謝したいと思います。
Amazon.co.jp: Cats in the Sun 2009 Calendar: Hans Silvester: 洋書
Amazon.co.jp: Cats in the Sun 2009 Calendar: Hans Silvester: 洋書
来年のカレンダーもあるみたい。